10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-03-19 (Thu)
・ICARUS ONLINE公式サイト:http://icarus.gamecom.jp/teaser/index.php
・ストレステスト:2015/03/13(金)18:00~23:00 → 2015/03/14(土)18:00~23:00

ICARUS ONLINEにてストレステストが行われました。
ストレステストとは、限られた時間に集中して「ICARUS ONLINE」をプレイいただくことで、サーバーやネットワーク機器に負荷をかけた状態で正常に動作するか確認するテストです。
ストレステストには、「GAMEcom」「ハンゲーム」どちらかに登録されているすべての方が参加可能だということで、クライアントをダウンロードしてみました。

①

とりあえず職を選んでキャラクター作成を行ってみました。

②

猫の眼の瞳孔のように縦長になっている瞳が選べたので即決定。
キャラクター作成は開発元が同じTERAと似た感じでもあり、Blade&Soulのかんじでもあり…髪の色や目の色はある程度の色で固定だったので、もっと自由に選ばせてくれると嬉しいなーと思いつつ選択します。

OPムービーはうっかり撮影を逃してしまったので撮れていないのですが
お姫様が捕らわれたわ~側近の騎士としての自キャラクターも牢行きだわ~でも鳥男が助けてくれたよ!みたいなかんじでした。その後にエイの乗り物に乗って即墜落という流れ。

森の中に降り立つと、他のプレイヤーの姿が一気に現れます。
エリアチャンネルが複数ある為、レフさんとチャンネルをあわせて合流しました。

③

レフさんの職業はアサシンで、私のほうはプリーストを選択しましたが
最初の服装はどちらも軽装で身軽そう。

④

キャラクターの動きが忙しなくて、自分の手をみる頻度がはんぱない。
どれだけ手が気になるんだ!

⑤
⑥

ICARUS ONLINEでは水辺で泳ぐことが可能でした。
水の滴りを眺めたりバシャバシャと泳いでいると、突如浮き上がるレフさんの姿に吹き出してしまいます。

⑦

NPCから依頼を受けるクエストは、イノシシ退治やキノコ採り、燃えている木箱の消火活動など。
鳥男のNPCの口調が命令口調で、あれコイツって私の上司…?と自分の立場を計りかねつつ働きます。

⑧

mobが落とすアイテムはFキーで拾っていくスタイルでした。
ドロップした箱が柱に固定されたりすると、どれだけ粘着力のあるのよと箱を調べたくなります。

⑨

あっちのクエストこっちのクエストを処理しつつ、操作を覚えていきましたが
TERAみたいなノンターゲッティングっぽいターゲッティング操作で、やりやすいといえばやりやすい。
UIの位置が変更できたりするシステム周りも弄りやすくて良かったです。

⑩

ブラカルの森にある精霊樹を見たあたりで旅は終了しました。
ストレステストはこの精霊樹を見たいこともあって参加したので、見れて満足です。
ICARUS ONLINEの特徴のひとつであるフェローシステムなど触れていないものがまだまだあるので、また遊びにいく機会があればやってみたいですね~。


(C) WeMade Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved.
(C) WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
(C) NHN PlayArt Corp.
| その他ゲーム | COM(-) | TB(-) |
2014-05-23 (Fri)
①

お店を見たり

②

大きな巻き角の動物と並んでみたり観光しました。

③

インスタンスダンジョンにも行きました。
ボス戦はけっこう動きがめまぐるしくて面白かったです。

④

ダンジョン道中でなにか光るものがあると思って触ったら火炎放射器でした。
これで雑魚mobをなぎ払うのかーと感心しつつ振り回します。


■ユウ先輩
⑤

ゲームを始めてチュートリアルになった頃から出会うNPCの中に、ユウ先輩というキャラクターがいます。チュートリアルでプレイヤーを含めて散々な目にあったあと、別の場所で再会していくことになるのですが

⑥
⑦

出会うたびにだんだんとやつれていく様が悲しかったです。
またユウ先輩かよ!って言っていてごめんね!('A`)

⑧

そしてなんだかんだで複数のNPCに囲まれてビリビリにされました。
いきなりのことだったので心の準備ができておらず、かなり驚きましたよ!なにこれ。


■一方その頃
メインキャラクターがビリビリにされている間、別のキャラクターは

⑨
⑩
⑪

それなりに観光デートを楽しんでいました(゚∀゚)


キャラクターがLv14になると、龍脈移動というスキルを習得可能になります。
斎龍林の奇縁絶壁にて、龍脈を使って浮遊島にいるNPCに会うと天翔舞というスキルが習得可能になります。天翔舞を覚えると、空中をダッシュ可能になります。

⑫-1
⑫
⑬
⑭

龍脈移動と天翔舞はブレイドアンドソウルの宣伝項目ですね。
空を遠く遠く駆けぬけるのはなかなか楽しいものでした。

⑮

移動中に受けたクエストで渾天教という勢力の衣装を貰ったのですが

⑯

渾天教専属NPCと会話していると、武林盟勢力のプレイヤーに殺されました。
渾天教か武林盟、どちらかの勢力の服装を着た状態にて、フィールド上で敵対勢力と戦闘(PvP)が可能になります。
襲ってきた3人のプレイヤーはLv36近いカンスト組で、降参スキルで衣装を脱いだ状態でないと復活場所で待機して殺してくるというスタイルでした。
敵対勢力の専属NPCの近くで待っていればカモが来る。当たり前ですね。
NPCのおっぱいに夢中になっている場合ではなかったヽ(°▽、°)ノ

ここで思ったのが、運営NCsoftのAionだとLvによって行動エリアに制限があったり防御バフがついたりしてたなーということ。Aionでも敵対勢力側のNPC前で張り付き&蘇生からの即死コンボはありましたし、絡まれたくなければ勢力衣装など着なければ良く、着るときは殺される覚悟をしていればいいわけなのですが…すっかり忘れていたよ対人というものを。

⑰

不意打ちで疲れた…おなかも空きます。

⑱

一緒に殺された相方さんと景色を見ながら野菜まんじゅうを食べました。

⑲

オープントライアルの終了が近づいていたので、駆け足で地域を回ってみます。

⑲-1

大砂漠にてアニメに描かれていた「渡門旅館」に到着しました。
わりと大きな拠点に見えたのですが、プレイヤーの気配がまったく無く首を傾げました。
調べるとクエストの為にIDに行く流れなのでプレイヤーがいないようです。

オープントライアルではストーリーの第1幕の終わりまで進めることができました。
第1幕の感想としては

⑳

悪女ダメ、絶対!/(^o^)\

というわけでオープントライアル中に遊んでみた感想殴り書き。

----------------------------------------------

・グラフィック等:
 まずはじめにキャラクタークリエイトが秀逸で、キャラクター作りがとても楽しかったです。髪と目の色の種類はある程度決まっているので、カラーパレットをもっと増やしてくれたらな~という願い。
 景色の表現も綺麗で、草花の表現の仕方がFF14と比べて肉厚なイメージでした。ブレイドアンドソウルの情報を知った頃に見た動画で、水墨画のような線を引くスキルエフェクトに心を打たれたものですが、それを実際に見れたのは嬉しかったです。
 時間経過がないゲームなので特定エリアでなければ日の光や青い空、夕暮れが見れません。ここはTERAの印象と被る…

・音楽:
 オリエンタルな雰囲気BGMが好みでした。地味に飽きの来ない演出。

・mob&戦闘:
 mobの湧きはエリアに寄って違うかも。
 レパル団…こと同じ団体か?と思うくらい様々な○○団の人型mobがいて新鮮味に欠ける。
 FF14をプレイ中からの操作だったので、戦闘方法が新鮮で楽しかった!召喚獣も可愛かった。撮影のとき邪魔だったけど!
 インスタンスダンジョンに2人PTで挑めるという気楽さが良かった。負けたら次はこう行動してみよう、ああしてみようと自分が持っているスキルを見ながら考えられる楽しさも良かった。

・システム具合:
 UIには特に不満無し。もともと古いゲームだから仕方が無いよね感でいろいろ納得はしていました。ミニMAPに印をつけてPTメンバーに知らせることができるなどの親切設計もありました。
 市場のシステムがオープントライアル終日になっても理解ができませんでした。

・プレイ料金:
 NCsoftだから仕方がないよね。だってNCsoftだもん!

23

ずっと遊んでみたかったゲームに触れることができ、相方さんとも一緒に遊べたし良いオープントライアルでした。
未知のゲームに触れる楽しさは格別です。ただし新鮮味を失ったら飽きはいずれやってきますし、それも踏まえて課金するかどうかは考えていたのですが、運営の方針を見てだいぶ左右されましたね。NCsoftはNCsoftヽ(´ー`)ノ
機会があればまた遊んでみるんじゃないかな…? 無料になったりとか…


Blade&Soul® is a registered trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2014 NCSOFT Corporation.
NC Japan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit Blade&Soul in Japan. All rights reserved.
| その他ゲーム | COM(-) | TB(-) |
2014-05-22 (Thu)
①
②
③

受注可能なクエストで衣装を手に入れました。
衣装にはステータスが存在せず、ステータスは宝貝やアクセサリーなどで上昇させることができます。なので好きな衣装に着替え放題なわけです。

④

エリアを歩いていると出会う、人型の敵にはたいてい○○徒、○○団という名称がついています。そういう団体名がとても多くて、そのうち全部同じ団体に見えてきてしまう。
Aionというゲームで人型の敵にはだいたいレパル団と言う名称がついていたのを連想し、相方さんとの会話は「こっちにレパル団居たよ!」で通じていました。

⑤

エリアとエリアの間には大きな円で出来た半透明の陣か、長いトンネルがあります。
明るい地域にあるトンネルを抜ければ

⑥

もうそこは欝地帯!
ブレイドアンドソウルをプレイする前にTERAをプレイしたことがあります。
NCsoftがブレイドアンドソウルを作り、NCsoftからブルーホールスタジオに離職した開発者がTERAを作ったという話を聞いたことがあるのですが、元々は同じ流れから生まれたゲームということか、海外産ということなのか、ゲーム内容にとても汚染された地域が多く出てきます。NCsoftのAionも汚染された○○が多かった…あ、あとゾンビと死体!ヽ(・∀・ )ノ

⑦

キノコはどこのゲームでも必ず出てくるアイテムだよね…と思いつつ採集しました。

⑧

そんなこんなで

⑨

緑明村に辿りつきました。
緑明村は倉庫などの施設が多く、近場にはインスタンスダンジョンもあり拠点としては大きな村みたい。

⑩

緑明村ではクエストで水上走飛の武功が習得できました。
水面を走る爽快感が気持ちいいです。

●市場
Lv16になると他プレイヤーとアイテムを売買することができる市場が利用可能になります。
市場は 「統合サーバー市場」 であり、サーバーに関係無く同じ市場を利用する事が出来るそうです。
ちなみに現在あるサーバーは牡丹・真紅・胡桃・琥珀の4つ。
試しに武器を見てみると

⑪

同じ名前の武器欄が複数並んでいる…
とりあえず虫眼鏡アイコンをクリックしてみると

⑫

???
虫眼鏡アイコンで詳細を見てもアイテムが存在しませんというメッセージが出るものが多く
ひとつひとつ欄を覗いてはアイテムが存在しないという流れを数分続けました。
アイテムが存在しないならどうして商品欄が表示されているのか?検索の仕方が悪かったのか?相方さんと暫く悩みましたが、その後市場を見ることをやめました。

⑬

市場を使わなくても遊んでいける。それがオープントライアル!


Blade&Soul® is a registered trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2014 NCSOFT Corporation.
NC Japan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit Blade&Soul in Japan. All rights reserved.
| その他ゲーム | COM(-) | TB(-) |
2014-05-21 (Wed)
召喚士(リン族♂)&剣術士(ジン族♂)
メインキャラクターとして一番レベルが上がっている2人です。
①
②

召喚士が食べ物を拾い食いして立ち止まるので、剣術士の兄貴がよく世話を焼いてくれる。


魔道士(リン族♂)&召喚士(リン族♂)
③

毛色の違ったリン族を作りたくて作ってみたもの。

④
⑤

しっぽもっさりちゃん!

⑥

地面を歩いている虫が気になって仕方がないお年頃。


魔道士(リン族♂)&召喚士(リン族♂)
⑦

小柄なリン族をどこまで大きく、青年っぽくできるか試してみたもの。

⑧

体型と顔の調整が難しくて、自分のキャラクターは軽功でのダッシュからの空中浮遊の際に
やけに口が尖るコになってしまいました(´・ω・`)


暗殺者(ジン族♂)&剣術士(ジン族♂)
⑨

そういえばジン族でキャラクター作ってたな!と引っ張り出してきたヤツと
相方さんが一番最初に作ったキャラクターをちょっと編集したキャラクター。

⑩
⑪

お互い近接なので、クエストで使う水中銃にはしゃいだりもします。

⑫

そんなかんじでキャラクターをいろいろ作ってみた記録でした(ノ´∀`*)

Blade&Soul® is a registered trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2014 NCSOFT Corporation.
NC Japan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit Blade&Soul in Japan. All rights reserved.
| その他ゲーム | COM(-) | TB(-) |
2014-05-20 (Tue)
■Blade&Soul
リネージュシリーズやAIONを開発したNCsoftが手がける武狭MMORPG。

■無料プレイ
・レベル15以下は無料にてプレイ可能
※無料プレイ中は一部機能に利用制限有

■プレイ料金
・スタンダード30 … 3,000カイモ
・スタンダード90 … 9,000カイモ

------------------------------

●オープントライアル
・サービス時間:2014年5月16日(金)正午~2014年5月19日(月)午後11時59分まで
ということで、オープントライアルが開催されていたので遊びに行って来ました!

とりあえずOPを見る。

①

(゚д゚)

②

冒頭で、スタッフの名前が船を通して紹介されていく様が斬新でした。
演出としてはわかるけれど、船に名前って…(゚д゚)

③

場面が変わって明るい景色。

④

プレイヤーはホン門派の一員として行動していくことになります。
プレイ最初はリン族のみが選択できる召喚士を選択してみました。

⑤

師匠にどの召喚獣を連れて行くかと聞かれて、ちょっと悩んだ末に

⑥

黒猫を連れて行くことにしました。ニャッフー!!

⑦

お供を連れて歩くことが出来るようになったので、クエストを進めていくと
竹林村という村の付近で行動できるようになります。
ここらへんで相方さんと集合できるようになったので、お互いの現在地を確認してみる。

⑧

景色が暗くて顔が良く見えなかったのでPTを組んで更にクエストを進めました。
PTを組むとPTリーダーの居るチャンネルに移動するかというシステムメッセージが出て了承すると自動移動してくれるという機能がありました。
ちなみにフレンド機能でプレイヤー同士がフレンドになると、アカウントごとの紐付けになる為、ログイン画面でIDをパスを打ち、キャラクター画面に移動した時点でフレンドに
「○○さんが接続しました」と通知がされます。どのキャラクターで遊んでいても居場所が分かってしまうド親切設計となっています。気軽にフレンドになれませんね!

⑨

そんなこんなで明るい竹林村で相方さんと挨拶を交わしなおしました。

⑩

竹林村を散策~

⑪

水辺は泳ぐことも可能でした。

⑫

さかな~>°))))彡

⑬

外に出ていろいろモンスターと戦ってみました。
戦闘はオートターゲッティングで、ターゲットをする操作はいりません。
相手の動きを見て防御やバックジャンプ、反撃を行いつつスキルを出していく流れです。
召喚士は召喚獣を盾代わりに先に攻撃の指示を出しつつ、後方から魔法を打つ感じで
召喚士自体は防御面が弱く狙われると苦しい場面になります。

⑭

月影共同墓地エリアにてMAPに鬼マークを発見。
なんだこりゃと行ってみると、千霊キョンシーというボスっぽいモンスターに出会いました。
千霊キョンシーを倒すと、千霊キョンシーの精魂というアイテムを拾います。
このアイテムで月影共同墓地にあるルーレットを回すことが出来るそうで、早速回してみました。

ルーレットでは千霊宝貝セットや千霊武器、衣装を手に入れることができます。

⑮

千霊の赤い衣(30日)と千霊の帽子が手に入ったので着てみました。
千霊の帽子を被ると髪型が短髪に変ります。

⑯

相方さんがルーレットを何度回しても衣装が当たらなくて
千霊キョンシーの精魂を手に入れるためにけっこう長い時間千霊キョンシーを狩りまくっていました。
やっと当たって良かったね! でもお互い手が干乾びてるよ!

⑰

オープントライアルに撮ったSSが溜まっているので記事をいくつかに分けて載せていき
最後に体験した総評を書こうかなと思っています。
もうちょっと続くんじゃ!


Blade&Soul® is a registered trademark of NCSOFT Corporation. Copyright © 2014 NCSOFT Corporation.
NC Japan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit Blade&Soul in Japan. All rights reserved.
| その他ゲーム | COM(-) | TB(-) |